進化のための節税

ここでは、節税を考えてみましょう。

節税って、よく聞きますよね。

 

あなたの会社でも、なんとか安くできないかと  

頭を悩ませてることがあると思います。φ(.. )

 

本屋さんにいけば、たくさんの節税に関する本が並んでいます。

いろんな方法が書かれています。


一方で、行き過ぎた節税警鐘を鳴らす税理士さんもいます。\(*`∧´)/

行き過ぎたといっても、脱税の方向ではなく、 無理に資金を使ってしまう、節税です。( ̄* ̄ ) 
 

資金を使ってしまうことによって、 税金を支払うよりも、会社のキャッシュが減ってしまって

将来の成長のための資金が不足してしまう事態に ならないようにしましょう、ということです。

 

それでは、いったい適正な税金の支払い方ってあるのでしょうか?

税金に対するポリシー

私の税金に対するポリシーは次のようなものです。

必要な税金はきっちり支払う

ただし、死に金になってしまう税金は一切支払わない!

というものです。


節税を考えるときに、このようなベースで考えて、

この税金は死に金かそうでないか、によって判断すればよいと思います。

将来生きてくる税金ってあるんです。本当ですよ! 

 

このような考えを以下のリンクで、説明していきたいと思います。