投資その他の資産って何?‐B/Sの「資産の部」って何だろう?(9)

さあ、今回は固定資産の3区分のうちの最後となりました。

固定資産の3区分について、はリンクからどうぞ固定資産って何?‐B/Sの「資産の部」って何だろう?(6)


今日は、「投資その他(た)の資産」を見ることにしましょう。

 

固定資産とは、1年以上現金化されず、長期にわたって使われ続けるものでした

その中でも、有形固定資産、無形固定資産に入らない資産は、すべて投資その他の資産に計上されます。

 

中小企業で計上される主のものは、次のとおりです。

投資有価証券 投資目的(短期的に売買する目的ではない)の

            株式社債・国債などの債券等

関係会社株式 出資関係が25%以上ある株式ですが、

  中小企業の場合は、株式を100%保有している子会社株式ケースが多いと思います。

出資金 信用金庫などへの出資金

敷金・保証金 事務所を借りたときなどに支払うものです。

長期貸付金(かしつけきん) 返済期限が1年を超える貸付金

破産更生債権等(はさん こうせい さいけん とう) 売掛金や貸付金で、倒産、民事再生法の適用などで、

    回収が困難となった債権です。

長期前払費用(ちょうき まえばらい ひよう) 保険料の前払いなどした場合で、1年を超える部分に対応する金額


下は、トヨタ自動車鰍フ21年3月期の投資その他の資産です。単位は百万円です。

トヨタ投資その他の資産.jpg 
関係会社株式(=グループ会社の株式)だけで、1兆9,706億円もあります!

破産更生債権等も15億円です。

金額にすると大きいですが、会社全体の規模からすると、それほど多額とは言えないでしょう。


また、おなじみの潟ニクロの貸借対照表 はリンクからどうぞ。

 

次回は、こちらです。 繰延資産って何?‐B/Sの「資産の部」って何だろう?(10)