当座資産って何?‐B/Sの「資産の部」って何だろう?(3)

前回から、貸借対照表の流動資産の中身を見てきました。

流動資産の中身も3つに区分できるところまで、お話ししました。

 

今回は、その中の一つ、当座資産のお話です。

当座資産は、流動資産の中でも、もっとも早く現金化しやすい資産を言います。


当座資産の中身は、次のものです。

現金・預金

受取手形(うけとりてがた)

売掛金(うりかけきん)

有価証券


前回、当座資産を考えていただきましたが、当たりましたか?


現金・預金」は、皆さんがご存じの通りです。

現金は、現金そのもの小切手のこと、

預金は、行預金郵便貯金のことです。


受取手形」とは、得意先から受け取った手形のことで、

手形とは「いつ、どこの銀行から、いくら支払うかが書かれた証書です。

得意先から、販売代金お金でもらう代わりに手形で受け取って、

受け取った人は、支払い期日に銀行に持って行って、手形に書かれた金額を受け取ることができます。

 
売掛金」とは、いわゆる「かけ」で払うとか「」で払うとか言われるもので、

販売代金をすぐには、もらわずに、約束した期日まで待ってあげているものです。

請求書を出してから、入金されるまでは、売掛金となります。

 

受取手形と売掛金は、合わせて「売上債権(うりあげ さいけん)」と呼ばれます。


有価証券」は、短期で売買する目的の株式債券のことですが、

中小企業では、流動資産に計上される有価証券は、あまりないかと思われます。

上場している株式は、市場で取引すれば、現金化が早いので当座資産になります。


当座資産は、短期の支払い手段として使えるので、一般的には、多いほうがよいとされます。

 

本物の当座資産は、潟ニクロの貸借対照表 を参考に見てください。

 

次回は、棚卸資産のお話をしたいと思います。

  

棚卸資産って何?‐B/Sの「資産の部」って何だろう?(4)